現場風景を紹介します。

曳家

区画整理、敷地の有効利用や基礎の改修時などに建物を移動させる工事です。

建物を移動することにより日当たりが良くなったり駐車スペースを広くするなど様々なニーズに対応できます。

沈下修正

家屋の不同沈下・傾きを修復する工事です。

沈下原因として

【軟弱地盤での増築】 【地震・水害などによる地盤の緩み】

【地下水の過剰揚水】等があげられます。

また、家の柱や土台が腐食やシロアリ被害を受けている場合も家屋の傾きの原因になり得ます。

傾きの原因を見つけ出し、それに見合った確実な施工を行います。

以下の場合は要注意です!!

・床にビー玉を置くと転がる

・室内のクロスのひび割れ

・建物基礎のひび割れ

・ドアや窓、襖や障子などの開閉がしづらい

嵩上げ

家屋を一時的に持ち上げ基礎を作り直し、

家屋の高さを数cm~数m高くする工事です。

水害被害対策などに用いられます。

地盤調査

構造物などを建てる際に、必要な地盤の性質

【支持力・沈下量】の

把握などを目的として地盤を調査することです。

この調査により地盤強度などが判明し、構造物の設計が行えます。

地盤調査の方法には、

標準貫入試験(ボーリング地質調査)、

スウェーデン式サウンディング試験、

平板載荷試験などがあります。

地盤改良

地盤改良とは地盤調査の結果、軟弱地盤と診断された土地に対し

建設する構造物の沈下を防ぐ為に地盤を補強する工事です。

地盤の構造や強度、建物の重さと地盤の強度との

関係などにより工法は変わってきます。

地盤改良の工法は

表層改良、柱状改良、鋼管杭(小口径鋼管)など様々なこうほうがあります。

現場の状況に合わせ最適な工法で施工を行います。